お問い合わせサイトマップ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索
 
トップページ工事のご案内会社案内当社施工の完成写真環境・社会への取組み
ホーム会社情報会社の歴史
 

ご挨拶

会社概要、事業内容、事業所のご案内

会社理念、品質経営について

 

会社の歴史目次

 
  会社の歴史  
 
   
 
 
1924年 斎藤工業所の誕生

斎藤(創業者)は、福島県会津郡に生まれ、単身東京に出て来て浅草の土建会社で修行を重ねた。大正13年に心機一転独立を果たし、浦和で建築請負の事業を始めた。「斎藤工業所」の誕生である 。

1948年 浦和競馬場建設

浦和競馬場の建築部門の工事を請け負う。埼玉県馬匹連合会の発注による資金立替一式の条件工事で、今に換算すると数百億円にも及ぶ仕事だった。乗るか反るかの一世一代の仕事であったが、これをやり遂げ、一躍世間に「斎藤工業所」の名を売る結果となった。それからのちは、学校や公営住宅などの官庁工事を中心に、次々と工事を受注するようになる。
 


1949年 浦和警察庁舎施工

1950年~
1956年
建設業 協会発足

戦後復興という大きな役割を担って、昭和25年に任意団体として発足した埼玉県建設業協会は、昭和31月に法人化の認可を受け、「社団法人埼玉県建設業協会」が設立された。 斎藤雄吉は設立発起人の一人となって尽力し、設立に際しては副会長の席に名を連ねた。当時の会員数は199社であった。

1954年 浦和公営住宅施工
  鉄筋コンクリート造建築を開始

1957年 青芽会

昭和30年代は木造から鉄筋コンクリート造への切り替えの時代であった。昭和32月、斎藤工業所をはじめとする主な県内建築業者13社が集まり、「青芽会」と呼ばれる勉強会を発足し、急速に普及してきた鉄筋コンクリート工法について研究を重ねた。

それまで公共建築工事はすべて県外業者に委ねられていたが、当時の県住宅課は、その頃開発された鉄筋プレハブを採用し、その実施に際して青芽会のメンバーを指名した。

その後昭和34年頃から、学校建築などを中心に鉄筋コンクリート造が増えてきた。やがて、ミキサーで現場練りしたコンクリートをタワーを立てて打設する方法から、工場から出荷した「生コンクリート」を圧送ポンプによって打設する方法へと、コンクリート技術も大きく変化してきた。まさに、建設業界近代化の夜明けであった。
 


 

1/5ページ

次ページ

 
 
 

▲Pagetop

個人情報保護方針 採用情報 専門工事会社の募集 協力会社向け情報
Copyright 1998-2019, SAITO CONSTRUCTION COMPANY  Ltd.